アコム 専業主婦

アコムの審査で評価が低くなるケース

 

アコムの審査では、職業についての確認も行われます。これは、アコムが融資を行うにあたって安定した収入を得ていることを条件として定めているためであり、収入を得るための職業の確認はアコムにとっても重要な審査項目となっているためです。

 

一般的な企業に勤めるサラリーマンや公務員などは、収入の安定性も高いことからアコムの審査でも評価が高くなりますが、職業の中にはアコムの審査において評価が低くなるケースもあります。

 

 

審査の評価が低くなる場合って・・・


収入が安定していることは、アコムの利用開始後の返済にも大きく関係してくるため、収入が不安定とされる職業についてはどうしてもアコムとしても慎重な判断を行うことになります。

収入が不安定な職業とは?

あくまでも一般的な論理となりますが、アコムの審査では

 

 

土木関連職や水商売といった職業は・・・


離職率が高い職業とされています。離職率が高いということは、融資を行った段階ではその仕事に就いていてもその後退職してしまう可能性が高いということです。

 

そうなるとアコムから融資を行った分についても返済されないリスクが高くなるということですので、アコムの審査でもこうした職業についてはやはり慎重な判断をすることとなります。ここでのポイントは、こうした職業に就いているからといって

 

 

必ずしもアコムの審査に通らないというわけではない


という点です。確かにアコムで融資を受けるための条件には安定した収入が必要ですが、それを測るための判断基準として職業があるというだけであり、こうした職業に就いているという理由だけでアコムの審査に通らないというわけではありません。

アコムの審査に通過するポイントは勤続年数

離職率が高い職業についている場合であっても、

 

 

その勤務先における勤続年数が長い場合には・・・


アコムの審査でも評価が高くなります。もともとアコムの審査では勤続年数が長いということが評価が高くなる対象となりますが、離職率が高いとされる職業で長期間働いているということはアコムにとってもかなり信用度が高いと判断できます。

 

逆にサラリーマンや公務員であっても勤務先における勤続年数が短い場合には審査でも評価が低くなりますので、職業における優位性はそれほど大きな違いはないと考えることもできます。

 

いずれにしても、ひとつの勤務先で長く働いているほうがアコムの審査でも有利な材料となりますので、アコムに申し込む際にはこうした点も考慮しておくと良いでしょう。

page top