アコムでは本当に専業主婦への融資を行っていないの?

アコム 専業主婦を対象とした融資を行っていません。その理由のひとつとなっているのが2010年に法改正された総量規制です。これは個人で融資を受けることができる金額を制限することを目的とした法律であり、この法律では年収の3分の1を超えてお金を借りることはできない、と規定されています。

 

この法律により、個人への融資に関しての枠組みはかつてと異なるものとなり、その結果専業主婦に限らずこれまでアコムで融資を受けることができていた人であってもお金を借りることができなくなった、という事例が発生しています。

 

がしかし、銀行カードローンの専業主婦専用借入枠のある以下のカードローンなら小額ですが電話連絡なしで所得証明も必要ないので要するに旦那に内緒で借りれます

アコムでは専業主婦は申込めませんが銀行カードローンなら旦那に内緒で申込可能です

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

金利 年利 2.2%〜17.5%
限度額 最高 800万円

静岡銀行カードローン セレカ

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 10万〜500万円まで

パートなどで安定収入があるのであれば即日融資可能なコチラにも申込めます

パートで安定収入がある主婦は

 

 

  • 最短1時間融資
  • 月々の返済が1,000円からと小額
  • 初回30日無利息サービス付(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)

のプロミスに申込むことができます。他の消費者金融にも申込む事はできますが、主婦にはプロミスが最適です。安定収入がある主婦はもちろん専業主婦ではありませんのでこれは専業主婦にはできない特権です。

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

アコムに専業主婦が申込めない訳

アコムは消費者金融ですから貸金業法によって規制されています。改正貸金業法の総量規制により、アコムは

 

 

個人への貸付は年収の1/3までしか貸せなくなりました。


なのでこの時点では、収入のない専業主婦はアコムでは借りれないことになります。しかし総量規制も目的は、

 

 

  • 債務者の借り過ぎを防ぐ
  • 貸金業者の貸しすぎを防ぐ

という事が本来の目的ですから、本当に借りなければならない場合においては対象外や例外の措置を示しているのです。専業主婦には収入のある配偶者がいるはずですから、本来はお金を貸してもいいはずなのに貸せない。

 

総量規制には、この矛盾を解消する為の例外措置があり、それが

 

 

配偶者貸付という例外措置なのです。


配偶者貸付ってどんな例外措置?

配偶者貸付とは総量規制の年収の1/3まで貸しても良いというのを、

 

 

専業主婦(主夫)と収入のある配偶者で合算して計算しても良いという例外措置なのです。


どういうことかというと、これから申込む専業主婦には収入もその他の貸金業者からの借入もないでしょうから、配偶者の年収の1/3まで配偶者の借入と合わせて貸してもいいということなんです。配偶者の年収が600万円で、配偶者の貸金業者からの借入が100万円なら、あと100万円まで専業主婦でも貸していいよという例外措置なんですね。

 

 

なんだぁ。じゃ専業主婦でもアコムで借りれるじゃん。


と考えるのはまだ早いです。配偶者貸付を適用するには条件があり、

 

 

  • 収入のある配偶者の貸金業者への申込の同意書
  • 収入のある配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票など)

が必須で必要な上に、ある一定の借入額以上では配偶者の収入証明書も必要になってくるのです。

 

 

申し込みにそんなに必要なら旦那に申込んだ事がバレちゃうじゃん!!


そうなんです。専業主婦が望むものは旦那に内緒で申込みたいということなのです。こういった書類の用意が必要になると専業主婦の希望がかなわず、よって申し込みがないとアコムでは考えているのです。

 

こういった理由から本来は総量規制の例外措置である配偶者貸付により、アコムでも専業主婦の貸付は可能なのですが、書類を用意してまでアコムで借りる専業主婦はいないと踏んで

 

 

アコムでは配偶者貸付の適用をしていないので、専業主婦はアコムで借りれないのです。


パートをしている主婦の質問

消費者金融について質問です。現在私はパートをしているのですが、消費者金融は所得がなくても利用できるものなのでしょうか。家などを買う時に利用するローンなどであれば、所得がなければ借りることができないのが当然と思っていましたが、消費者金融はそうでないとすると、返済能力なしであっても貸していることになります。
そうなると、返済されない可能性だって十分あるのに、それでも貸し付けてしまうのはなぜですか。住宅ローンと違って保証人がいなくても利用できるからという考えもありますが、もし契約した人が死んだりとかしたら貸し付けたお金は返済されないことになります。私自身は実際にそういったところから借入を受けているわけではありませんが、ふと気になったので質問してみました。

以前は所得がなくても消費者金融で融資を受けることはできました。しかし、現在は「総量規制」という法律があり、所得のない人は消費者金融からお金を借りることはできなくなっています。この「総量規制」とは、消費者金融から融資を受ける際にその借入額の「総量」を定めたもので、これによると「年収の3分の1」までと規定されています。

 

つまり、年収があるということが消費者金融を利用するための前提条件であり、所得がない人の場合は消費者金融から融資を受けることはできないんですね。ただし、これはあくまでもカードを作る際の契約段階の話であり、契約当時は収入があってもその後失業などで無収入の状態になってしまっても契約そのものは継続します。

 

これは、仮に収入がなくなっても返済義務が残るということでもあります。また、消費者金融ごとに融資できる限度額が決められていますので、返済されないかもしれない金額については契約段階で貸し付けを行わないようにしています。

 

次に、もし契約した人が死んでしまったりした場合ですが、これについては確かに消費者金融業者からすれば「返済不可」ということになります。そんな場合に備えて「団信」という制度があり、これは債務の一部を保険会社から支払ってもらうというシステムです。

もちろんパートやアルバイトなどで安定収入があるならアコムも申しもみ可能

アコムでは収入のない専業主婦は申込不可能

もちろんアコム 学生であっても主婦であっても、パートやアルバイトなどである程度の収入を得ていればアコムを利用して融資を受けることはできます。しかし、そもそも個人的な収入のない専業主婦の場合は「年収」が融資を受けるための審査に関係してくるアコムの場合お金を借りることは事実上不可能となります。

他の総量規制対象カードローンも同じく専業主婦は申込不可能

これは特にアコムに限った話ではなく、総量規制の法律改正に伴いアコム以外の消費者金融業者の多くは専業主婦への融資については行っていない場合がほとんどです。

 

でも、どうしてもアコムを利用したい!アコムでお金を借りたい!クレジットカードの審査に落ちたのでアコムマスターカードの審査を通したい!そんなケースもありますよね。

どうしてもアコムで借りたいのであればパートで安定収入が必要

もしもどうしても専業主婦だけどアコムでお金を借りたい、ということであれば方法はひとつしかありません。そう、「専業」主婦でなくなれば良いのです。

 

アコムは法律上も社内規程としても「専業主婦」への融資はできない業者ですので、まずはパートやアルバイトなどの仕事をして、安定した収入を得られるようになればアコムでもお金を借りることができます。

 

残念ながら現行の総量規制という法律の目的が「借りすぎ」を防ぐことを目的としている以上、今後よほどのことがない限り再度の改正があり専業主婦でもアコムを利用できる状況にはならないと思われます。そのため、アコムでどうしてもお金を借りるためには、自身の状況というものを改善する他ないのが現状です。

更新履歴